都井岬の野生馬をみにこんね~^^ 駒止めおばさんの奮闘記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

隣のおばちゃんとの悲しい別れ・・・

IMG_6027_convert_20160420110109.jpg

昭和48年・・都井に引っ越して来て40数年になる。
知らない所で不安だらけの私に優しい声をかけてくださった。

隣のおばちゃんが92歳で亡くなられた。
おばちゃんは、旦那さんを亡くされてから元気がなくなり・・

2年前、長男さんの自宅へ引っ越しされた。
「小さな声で、この場所が一番いい離れたくない」と本音をポロリ。

1人暮らしの母を気にされていた息子さんは、
「ごめんな母さん、俺んとこで暮らそう」と、宥めていました。
痛いほど母の気持ちが判っていたのでしょう。

仲の良い親子でした。忙しい中、1か月に1回は
母が喜ぶからと都井に連れて来ていました。

我が家に帰ってきたおばちゃんの顔が忘れられません。
でも息子さんの家での暮らしも自慢していました。
大事にされていたんだと思います。幸せそうでした。

息子さんの話では、元気でディーサービスに通っていて
食後、急に吐いて入院した。しかし良くなり退院する所だった・

病院から電話がかかって来て急いで行ったけど間に合わなかった。
別れも言えず残念だったと息子さんは悔やまれていた。

おばちゃんは、いつも「亡くなる時は、スーと眠るように逝きたい」と
言っていたその通りに・・・・(涙)。でも残された人の気持ちは複雑だ。

告別式が終わり我が家に帰り、旦那さんのお墓に埋葬された。
「おばちゃん、おかえりなさい。旦那さんの側でゆっくりお休みなさい」
と声を掛けました。そして、「今までありがとうどざいました」

おばちゃんのご冥福をお祈りいたします。


IMG_6028_convert_20160420110158.jpg

クリック応援よろしくお願いします



| 駒止めおばさんの日記 | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

未知の土地で優しくしていただけたのは
幸いでしたね。
お隣のおばちゃん、お優しい方だったのでしょう。
これからも駒止のおばちゃんを守って下さいますよ。

住み慣れた懐かしい土地で安らかに眠られますように。
ご冥福をお祈りいたします。

| 野いちご | 2016/05/19 17:30 | URL |

野いちごさんへ

こんばんは。
隣のおばちゃんには、いつも助けられていました。
優しいおばちゃんでした。
きっと、天国から、「大丈夫よ!がんばって!」と
見守って下さると思います。
何だか・・・親を亡くした気分でとても寂しいです。
でも頑張りますね。

| 駒止めのおばちゃん | 2016/05/19 20:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komadome.blog.fc2.com/tb.php/993-9a1327e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT