都井岬の野生馬をみにこんね~^^ 駒止めおばさんの奮闘記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何だか心が暗くなっちゃった。

朝から、雷が鳴り、激しい雨が降り出した。
仕事休みで、
「今日は、ゆっくり昼ねでもしましょう」

「雨の日の休日を誰にも邪魔されず、
    最高の日になるはず」が
      友からの電話で一変した。

「あのね!私胃がんですって・・
  初期だから大丈夫よ」と
        明るい声なのだ。

お知らせ電話、・・あまりに明るい声に
「馬鹿じゃないの」と思った。

「え!癌でしょう」分かっているの?
友が、おかしくなったのでは・・と思った。

友は、2年前に夫を癌で亡くしている。
なのに、こんな気分に慣れるのだろうか・・・・

友は、話し続けた・・
「癌と聴いた時は、泣き崩れて、
      夫を亡くしたばかりなのに」
        神様を恨んだ。
「なんで私までも、癌になるのよ」。

「でも、初期で手術すれば、大丈夫、
   抗がん剤も必要ない」と
      先生に言われたそうです。

大きな病院で治療することにした。
本人は、いたって明るく元気である。強いな~。

ご主人は、
末期がんで手術も出来ないほど進行していたのだ。

ご主人さんと比べたのか・・・
自分は初期だから大丈夫と思っている。

しかし・・此処までの気持になれた事は、
   並大抵なものではなかったはず。
     毎日、眠られない夜が続いたはずです。

私だったら、どうだっただろうか・・・
      友の強さに感心した。

「12月に手術して、
   来年から仕事がんばるわ」と言った。

がんばってね!と励ましたけど、友に圧倒された。
私は、「癌」と聞いただけで、腰が抜けそうなのに・・

友の明るさは「癌」を退治することが出来るでしょう。
最後まで明るい声で話した友に逆に元気を貰った。

手術が成功して友にとって
来年は、いい年になりますように、お祈りします。

電話を切る頃には、暗い心も明るく前向きな心に
変わった。がんばってね!N子さん!!




クリック応援よろしくお願いします





| 駒止めおばさんの日記 | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

きっと不安で一杯なはずなのに強いわね。

こんなとき、うまく気持ちを伝える言葉が見つからないよね。
反対に当人に元気付けられてしまうのも分かります。

私も義姉が先日倒れてしまって、少しでも回復してくれることをただ祈るしかないの。

| maruko | 2014/11/26 10:25 | URL |

marukoさんへ

本当に強いな~と思いました。
2人に1人は癌にかかる率だとか?
色々な病気に心配する年になったのですね。
人事ではありませんね。
義理のお姉さんも早く回復されますように、お祈りします。

| 駒止めのおばちゃん | 2014/11/26 15:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komadome.blog.fc2.com/tb.php/551-45410b7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT