都井岬の野生馬をみにこんね~^^ 駒止めおばさんの奮闘記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

御崎馬、、入試問題に

3月3日、日南串間版に嬉しい記事が載っていたので紹介します。
串間市・都井岬に生息する野生馬が東京都の私立トキワ松学園中学校・高等学校(金谷三枝子校長)の2013年度入学試験問題に取り上げられた。担当教諭が都井岬を訪れ、半野生に生きる馬に感銘を受けたのがきっかけ。
写真やグラフを交え4ページにわたって出題されている。
中高一貫の女子高で、試験は2月1~3日に同校で行われた。野生馬は1日の理科の試験問題に登場。
馬の群れの大きさと周囲を警戒する時間の関係性をグラフから読み解く問題や、餌となる草とふんを分解する菌類
との関係を問う問題など6問がだされた。問題文には<大人の御崎場は、1頭が1日平均40kgの草を食べ、20kgのふんをします>などと具体的な記述もある。
試験問題を担当した生物教諭の荒木由紀子さん(50)は、08年8月に本県で開かれた日本生物教育会第63回全国大会に参加。その現地研修で幸島や都井岬を訪れた。(馬は競馬のように単独で走るイメージだったが、しゅうだんで自然の状態で生活されている場所があることに驚いた。調べるうちに試験問題にしても面白いと考えた)と振り返る。都井岬ビジターセンターなどから資料を取り寄せ、問題を作成したという。(普段の授業でも取り上げ、生徒達に伝えたい)とはなしている。
この記事を見て、本当に素晴らしい都井岬に住めて誇りに思います。



| 都井岬情報 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komadome.blog.fc2.com/tb.php/13-ef43c12b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT