FC2ブログ

都井岬の野生馬をみにこんね~^^ 駒止めおばさんの奮闘記

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

甘酒出来上がり!!

CIMG2380_convert_20180605200745.jpg

今日は、休みです。天気は雨!!
雨も、強く降ったり、小ぶりになったりとまるで怒ってるような雨。

天気とは裏腹にニコニコ顔である。
約束していた「甘酒を造る日」なのです。

師匠さんは、次男のお嫁さんのお母さんです。
明るくて気さくで、優しいお母さんです。
もう何年も前から知り合いのように、、友達みたいな人です。

車の中から、持参して来てくださった。
「もち米、、昨夜から水に湿した1,4キロのもち米」
「麹菌1キロ。通称ふかふか団子。カボチャ。」などを袋一杯に!!

すべて、必要な品を持参して来てくださいました。
師匠さんなのに、、、、申し訳ありません。
(何もわからない私の為に、やさしいお師匠さんです)

私が用意したものは、餅つき機を出していただけです。(涙)
まず、餅つき機にもち米を入れて(蒸す)にスイッチオン!

炊きあがったら、餅を(つく、ねる)をスイッチオン!
その時は、蓋を取り熱を下げながら様子を見ながら廻します。

餅がこねあがったら、機械は止めず、少しずつ麹菌を入れる。
しばらくすると、トロリとなり少し甘みが出てきた。

時々、へらでかき混ぜてあげます。
(柔らかいのでトロリとなり上手く回せないのだ)

麹とお餅が混ざったら、そのまま冷やす。
しばらく置いて、また機械をまわし、へらでかき混ぜる。

これを数回繰り返す。
すると、甘くなり熱さもとれたところで、容器に入れて冷ます。

完全に冷めたら冷凍庫に入れて完成です。
食べるだけ出して食べます。

この分量では、6カ月は間違いなく試食できます。
(安心!安心!!)
師匠さんの甘酒作りを見ていましたが一人では、、、、
                           とてもできません。

「6カ月たったら、師匠さん、またお願いします。」と予約しました。
              (

CIMG2383_convert_20180606041001.jpg

お茶のお供に「通称ふかふか団子」を頂きました。
お母さんの手作りです。とてもおいしい団子にお腹もいっぱい。
つまんで食べてはお茶を飲み、お話も弾みました。

別腹とはよく言いますが
お弁当を食べて時間もたたないのに、良く入るものですね。

楽しい時間となりました。
師匠さんありがとうございました。お疲れ様でした。




クリック応援よろしくお願いします

| 駒止めおばさんの日記 | 22:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |