都井岬の野生馬をみにこんね~^^ 駒止めおばさんの奮闘記

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

こんなことあり!?

都井岬は、今日も雨です。
牧組合草刈り6日目となり大分スッキリとなった事でしょう。

手分けして一帯を草刈りしています。
15人のおっちゃん達が10~20メートル間隔で刈って行くのです。

30分仕事して15分休憩する。草刈り釜を背負っての仕事
年配のおっちゃんには大変な事なんです。
(色々な職業の人たちです。)

雨が降りカッパを着ていると、陽が差してきたら、
身体の中は汗でビショビショ。
お昼休憩に着替えて午後からの仕事へ。

午後4時30分に帰宅すると
シャワーを浴びて息も切れんばかりに話し始めた旦那さん。

夕食の準備も止めて話を聞く。
それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午前中の仕事が終わり、次の丘へ移動して仕事開始。
トラックの助手席に置いたカッパを着て手袋を用意しょうとしたが

手袋がない?・・
仕方なく新しい手袋をはめて草刈り釜を背負い
下段から仕事をした。30分仕事、15分休憩を繰り返す。

海岸の見える所で一人の方が「すわちゃん(あざらし)」を
発見したので旦那さんも見に行ったそうだ。

もちろん、機械のそばには、手袋とタオルを置いて走っていった。
しばらくして、元の場所に帰ってビックリしたというのです。

機械の側に新しい手袋とタオルを置いて行ったのに
「午前中はめていた手袋」があるではありませんか・・・・・・・

????トラックの中に入れていた手袋が無かったので
新しい手袋をはめてきたのに、なぜ?手袋があるのだ?
(機械の脇に左右に2つあったからびっくり!)

手袋が歩いて来たのか?誰かがおいてくれたのか?
いや・・・10メートルも隣と隣は離れていて置くわけない!

もしおいてくれたとしても、ひと声かけるであろう。
なぜ?なぜ?あるのか?不思議でたまらん!と言うのです。

確かにそうです。痴呆症になったわけでもないでしょうに・・・
「故母か・・・故父が忘れちいるぞ!」と置いてくれたようで
                            気持ち悪かった。

目をクルクルさせて話してくれた。
本当にこんなことあるでしょうか?

「貴方がポケットに入れていたのと違う?
一人で歩くわけないでしょう」と言ったけど、

「手袋を二つ並べるはずないだろう!!」と口を尖らせて言う。
そういえばそうよね。馬鹿でない限りそうだよね!!

話を聞けば聞くほど不思議な出来事でありました。
みなさんは、どう思いますか?ふしぎでしょう。



クリック応援よろしくお願いします








| 駒止めおばさんの日記 | 22:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |